精神面をサポート|セラピストになるにはには資格が必須|人を癒す仕事

セラピストになるにはには資格が必須|人を癒す仕事

ウーマン

精神面をサポート

カウンセリング

話をじっくり聞きます

心理カウンセラーは、悩みのある人の声に耳を傾け、解決へ導いていくという仕事です。特に話をじっくりと聞くということが重要で、カウンセリングや心理療法も用いながら、メンタル面のフォローを行っていきます。現代は、あらゆる面で精神的に問題を抱えてしまう方が多くなっています。ですので、心理カウンセラーの活躍する場も増えているといえます。特徴としては、心理カウンセラーには色々な種類があるということが挙げられます。例えば産業カウンセラーやスクールカウンセラー、臨床心理士などがあります。産業カウンセラーは主に企業において、そしてスクールカウンセラーは学校内において起こる様々な問題を対象としています。また、人々の全般的な心の問題を扱うのが、臨床心理士となります。

受験資格

心理カウンセラーになろうと思ったとき、気をつけることがあります。それは、それぞれに必要な資格が異なるということです。今では通信教育だけで、資格が得られカウンセラーと名乗ることができるものも多くあります。しかし、決められた過程を経てからでないと受験資格が得られないものもあります。自分がどんなカウンセラーを目指すのかをしっかり見極め、必要な勉強をすることが重要となります。中でも臨床心理士は、財団法人の日本臨床心理士資格認定協会の受験資格が決められています。それは心理学系の大学院での修士課程2年間の学習に加え、カウンセリングの実習も必須となっています。また資格を得た後も、5年ごとに更新審査がありますので、現場での実務も常に必要となります。